日本の工業デザインの父Sori Yanagi

日本の工業デザインの父Sori Yanagi


私たちが日本のデザインについて話したとき、柳宗理(Sori Yanagi)の名前が最初に頭に入った。この現代日本が最も尊敬され、生産量が豊富で、国際的に重視されている工芸設計の巨匠は、両手を通じて物と人の調和を感じ、蕪雑な装飾を排除し、最も「実用的な美」を備えた素朴な器物を創造することを提唱している。彼は日本の現代工業設計の創始者の一人であり、西洋に設計史に載せられた最初のアジア人でもある。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi


柳宗理といえば父親の柳宗悦を挙げなければならない。彼はデザイナーでも職人でもなく、日本の美学者、民藝理論家である。民芸の5大原則(実用、材料、技術、量産、安価)を提案したが、この5つの原則は柳宗理に深く影響した。同時に「民芸の父」とも呼ばれた


柳宗理は極力「手」で設計することを堅持し、設計図を描かずに手で実物大の石膏模型を作る。そのため、デバイスを作るには1、2年以上かかることが多い。「手が使うものなので、もちろん手でデザインします!」柳宗理氏は、デザインは本当に「使う」ことから出発し、手で握って、撫でて、考えて、修正しなければならないと考えている。「手で感じて、手には答えがある」。そのため、柳宗理の器物の美しさは、形式と視覚上の表象の美しさだけでなく、痕跡を残さずに生活に溶け込み、歳月を経て、少しずつ綿長な情味を醸し出している。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图4)


柳宗理の家庭用器物作品を初めて見て、人々が感じたのは平板で素朴で、手に握って本当に使った後に発見することができて、このような簡単さは幾何学形態の板単調ではなくて、すべての弧度、転換、細部はすべて“実用性”に対する考慮量を現して、だから無限の趣を漂わせています。同時に彼の作品は私たちによく知られている。


01

蝶の腰掛け

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图5)


柳宗理が最もよく知っている作品は1956年に発表された蝶の腰掛けで、2枚の湾曲した定型的な合板が、1つの軸を介して逆対称に連結され、連結部は座席の下にねじと銅の棒で固定されている。この造形は蝶が扇動している蝶の翼のようなもので、「蝶の腰掛け」と名付けられた。柳宗理はイームズ夫妻が設計した成形合板家具に触発され、山形県の天童木工が生産した蝶椅子を創作した。翌年ミラノのトリエンナーレで金賞を受賞し、この作品は柳宗理の世界的な名声を高め、1958年にMoMa永久コレクションに選ばれた。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图6)


1957年にミラノのデザイン展で金賞を受賞した蝶椅子は柳宗理のシンボル的な作品で、日本の伝統的な木工工房である天童木工が製造し、MoMaのために永久に所蔵している。「工業デザインは外観だけのデザインではなく、革命的な革新がなければ価値がないと思います。革命的なアイデアは、もちろん何度も地道な実験作業を経て生み出さなければなりません」。



02

象の腰掛け


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图7)


1954年には柳宗理が足のような椅子を設計したこともある。限られたスペースで使いやすいように、当時新開発された繊維強化プラスチック(FRP)を特別に採用し、軽量で収納しやすいようにした。わずかに凸のある椅子の面と厚い腰掛けの足は、象のように穏やかに人体の重量を乗せ、支えの弧は快適で、簡単で深く機能性を備えている。2000年には、スイスのVitra社が設計の鬼才トム・ディクソン(Tom Dixon)に環境保護ポリプロピレン(PP)素材の対象脚椅子を複製してもらった。今では世界的に有名になり、家庭や公共の場で広く使用されています。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图8)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图9)


柳宗理は生活の美学は器物から始まると考え、多くの台所器具を設計した。その中でもステンレスの一連の製品は、世界各地で歓迎され、愛されています。彼は「手」で設計し、手で石膏モデルを作ることを堅持した。そのため、デバイスを作るには1、2年以上かかることが多い。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图10)



03

ステンレスポット


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图11)


注水口の円弧部分は手作業で溶接されており、制作難易度は極めて高い。また、ポットハンドルのように何度も設計されており、指や手首を少し動かすだけで水を注ぐことができ、出水量も非常に制御しやすい。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图12)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图13)



04

調理器具


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图14)


50年以上前のデザインは、今もクラシックで前衛的に見えます。単純な機能を実現した上で、外観は非常に洗練されています。例えば、スープをすくうときに便利にするために、スプーンは普通のスプーンよりも幅が広く設計されています。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图15)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图16)



05

餐具


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图17)


柳宗理がデザインした食器は日本ではずっと人気商品です。派手で派手な造形や装飾がなく、人気を集めても実用的ではない小さなアイデアがないからだろう。あるのはしっかりした材料で、繰り返し計算された寸法と実用的で美しい造形である。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图18)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图19)


この撹拌棒は細い鋼棒だが、柳宗理の計算を繰り返して設計されている。素晴らしいところは、自分で味わうことができますよ~

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图20)

06

卵鉢


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图21)


この卵鉢の詳細は、底が丸く、それぞれの弧がちょうど良いことにあります。普通の泡だて鉢に比べて使いやすいだけでなく、洗いやすいです。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图22)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图23)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图24)



07

劉宗理鋳鉄鍋


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图25)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图26)


基本的なグルメブロガーが1匹ずつ手にする、「一人食」のベストパートナーと言われている。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图27)



08

白磁醤油瓶


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图28)


頭部は鳥の形にデザインされ、優雅な姿を見せており、柳宗理のデザインの造形感を体現する代表的な作品だ。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图29)



09

コーヒーカップ


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图30)


半磁器は、柳宗理が専門に作った材質だ。陶磁器よりも頑丈で、磁器よりも軽量化されています。丸みを帯びたキューブ型のデザインで、使用中により握り感があります。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图31)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图32)


最後に、他のクラシックなデザインをもう一度。


日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图33)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图34)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图35)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图36)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图37)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图38)

日本の工業デザインの父Sori Yanagi(图39)


推荐咨询
第28回ド

第28回ド

ニュース

ドイツ時間10月17日から21日にかけて、世界をリードするトップレベルのプラスチック業界...

2023

2023

ニュース

中国国際自動車内装・外装展示会(略称:CIAIE)は、中国自動車業界の安定的な発展に伴い、12回の開...

省エネ・排

省エネ・排

ニュース

現在、世界は気候危機、環境汚染、エネルギー危機、生物多様性の減少などの多重な挑戦に直面しており、この...

強力な連携

強力な連携

ニュース

8月29日、IMR、RJG、深圳迪嘉、欧特克先進製造、徳嘉機械が共同で開催した「2023射出成形技術...

2023

2023

ニュース

中国国際自動車内装・外装展示会(略称:CIAIE)は、中国自動車業界の安定的な発展に伴い、12回の開...

2023中

2023中

ニュース

中国自動車技術展覧会は2011年に始まり、中国自動車技術展と略称し、英語ではChina Atecと略...

2023

2023

ニュース

4月17日、注目されている中国第35回中国国際ゴムプラスチック展CHINAPLASが深セン国際コンベ...

中国家電及

中国家電及

ニュース

AWE(家電と電子の世界博覧会)は中国家庭電器協会が主催し、2023年4月27日から30日まで中国上...

第35回中

第35回中

ニュース

第35回中国国際ドングリ展CHINAPLASは、2023年4月17日から20日まで開催される。開催場...

K-202

K-202

ニュース

K is The World’s No.1 Trade Fair for Plastics an...

コンサルティングを開始

必要な場合はお気軽にご相談ください!